離婚は今後の人生の正念場です、着々と準備をして悔いのない形で終われればとおもいます

● 離婚は今後の人生の正念場です、着々と準備をして悔いのない形で終われればとおもいます

離婚にはパワーが必要です。

ほとんどの方にとって、初めての体験ですし、なにより人生にかかわる正念場です。

じっくりと、考えて行動して、離婚後の幸せをつかみましょう。

田中様

先日はお話を聴いて頂き、ありがとうございました。

離婚への意志は固まっているものの、何せ当然の事ながら初めてのことばかりで分からない事だらけ、また両親含め誰に相談できる事でもなく、一人で抱えるには大きな問題に日々疲れています。

そんな中、先日はじっくりとお話させて頂き、ずいぶんと気持ちが楽になりました。

まずは、今後の話の進め方について。弁護士さん同席の上で、夫にどう話をしたらいいかがわかり、不安が小さくなりました。

今後の人生に関わる正念場です。

着々と準備をして、悔いのない形で終われればと思います。

また、私にとって一番納得し、心が軽くなったことは、夫の特性についてずばり指摘して下さり、私の気持ちを汲んでもらおうとしても無理なはず、と言って頂けたことです。

自分の関心がある対象にしか気持ちを向けられず、のめり込むと周りは見えなくなる夫の特性は理解していたつもりですが、さすがに私や子ども達への関心が薄れていくことは無いはずだと<思い込んでいたのか、夫の変化を受け入れられずにいました。

私の対応を変えていけば、夫も変わるはずと思い、一生懸命修復しようと努力したり、こちらの気持ちを色々な言葉で伝えたり。

しかし、一向に話がかみ合わず、傷つくことを言われてはがっかりするのを繰り返していました。

しかし、先生の言葉で吹っ切れました。

どうやっても、こちらが思うような「普通の(夫が最も嫌う言葉です)」反応を見せない人もいる。

体当たりしては分かってもらえず、傷つくのはもうやめようと思います。

たとえ慰謝料その他、条件面で満足いく結果になったとしても、やはり一番不安なのは私の気持ちの問題です。

結婚相手に夫を選んだのは自分ですから、夫が親として、社会人として最低だと分かれば分かる程、自分への情けなさや子どもたちへの申し訳ないような哀れな気持ちが押し寄せてきて、それが一番辛いです。この挫折感、無力感から立ち直れるのか・・・。

でも、先生によると、必ず立ち直れるそうですね。

そう言っていただけると、とても心強いです。夫と出会って24年、今はすごく長い時間を無駄にしたような気になってしまいますが、何とか前を向き、必ず残りの人生をより幸せなものにしたいと思います。

また、ご連絡いたします。

ありがとうございました。

大丈夫です、ちゃんと立ち直れますよ。

ちゃんと、結婚というものへの責任も感じているので、離婚することからの挫折感、無力感はどうしてもあります。

落ち込む時期があっても、当然なんです。

でも、そこに行きつくまで、やりつくした方でしたら、絶対に立ち直れます。

今までご主人とうまくやろうとして努力して、やりつくしてきた方は必ず立ち直れますので、ご安心ください。

いろいろ手を尽くしてダメだったことで、ご自分を責めたりしないでくださいね。

そういうことが、あなたの大きな糧になります。

あなたも、うまくやっていこうと努力して、あらゆる手をつくしたと考えているなら、離婚後の立ち直りは早いですよ。

もう、やりつくしたって言っていいのか、まだ、できることがあるのかわからない方はこちらからどうぞ。

北海道NO.1カウンセラーだからできる 女性に絶対に損をさせない離婚 
札幌の離婚カウンセラー 田中洋子
離婚して幸せになるための7日間メール講座
カウンセリング
お客様の声
予約フォーム
・予約電話:070-6603-2635
・カウンセリング場所は札幌駅徒歩圏内です。ご予約時に詳しくお知らせします。

お電話はカウンセリング中などは留守番電話になっています。お名前を入れていただければこちらから折り返しします。

北海道全域、札幌、小樽、江別、恵庭、北広島、苫小牧、旭川、釧路、函館などからお越しいただいております。 電話・スカイプ相談は全国対応です。
神奈川、福岡、東京、栃木、岡山、兵庫などからご利用いただいております。

DV、浮気、別居、離婚したい方、離婚したくない方など、離婚にまつわる問題を抱えている方のカウンセリング。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声

● お客様の声

こんにちは。田中洋子です。

ご相談者様からいただいた感想をご紹介します

田中さん、カウンセリングありがとうございました。

おかげで夫の態度の理由がわかってきました。

まだうまく対応できないときもありますが、以前よりとても気持ちが楽になりました。

そのせいでしょうか、最近は子どもの状態も安定しています。

もうちょっとカウンセリングは続けたいと思いますのでよろしくお願いします。

お母さんの状態はお子様に大きな影響を与えますね。安定してよかったです。

どうしても離婚をしたくて自分なりに何冊も本を買って勉強しました。そしてじぶんなりに計画を練っていたんですが、まだ不安もあったのでカウンセリングをお願いしました。

カウンセリングを受けることで、自分の気持ちも状態もまだ準備ができていないことがわかり、今後もどうしたらいいか道筋が見えました。

また準備が進んだらカウンセリングお願いします。田中さんのような方がいて心強いです。

ご主人から奥様が原因で離婚をしたいと言ってきた方からのご感想をご紹介します。

実際は調べるとご主人は浮気をしていたことがわかりました。

なかなか認めなかったご主人からきちんと慰謝料をもらって離婚することができました。

ワインで乾杯!1年かかりましたが夫と浮気相手から慰謝料をもらって離婚成立!

こちらの方は夫から暴力を受けていらっしゃいました。そして、DV被害者としてあちこちでカウンセリングをうけていらっしゃいました。

DV被害者でやっと離婚できた相談者さんから感想をいただきました

結婚するときは準備をしたり、計画をたてますよね。

同じくらい人生に影響することなのに離婚には準備不足な方が多くいらっしゃいます。

あなたにはどんな準備と心構えが必要なのか、一緒に考えましょう!

北海道NO.1カウンセラーだからできる 女性に絶対に損をさせない離婚 
札幌の離婚カウンセラー 田中洋子
離婚して幸せになるための7日間メール講座
カウンセリング
お客様の声
予約フォーム
・予約電話:070-6603-2635
・カウンセリング場所は札幌駅徒歩圏内です。ご予約時に詳しくお知らせします。

お電話はカウンセリング中などは留守番電話になっています。お名前を入れていただければこちらから折り返しします。

北海道全域、札幌、小樽、江別、恵庭、北広島、苫小牧、旭川、釧路、函館などからお越しいただいております。 電話・スカイプ相談は全国対応です。
神奈川、福岡、東京、栃木、岡山、兵庫などからご利用いただいております。

DV、浮気、別居、離婚したい方、離婚したくない方など、離婚にまつわる問題を抱えている方のカウンセリング。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DV被害者で最近やっと離婚できた相談者さんから感想をいただきました

● DV被害者で最近やっと離婚できた相談者さんから感想をいただきました

こんにちは。田中です。

DVを受けている人が離婚や別居など離れるのがとても大変です。

いつもありがとうございます。

DVを受けて悩んでいるときに田中さんのブログを見て、この人ならわかってくれるかもと思って相談しました。

夫と一緒だったので夫が何を言うか不安だったのですが、田中さんは夫を怒らすこともなくいろんな本心を聞き出してくださいました。

その後、私だけカウンセリングを続けました。

弁護士にお願いしてからも、いろいろあるたびにカウンセリングをお願いしました。

暴力をふるっていた夫がなぜか恋しく感じて帰りたくなったり、夫の両親からのメールに落ち込んだとき。

子どもに対して悪いことをしているようで、母乳をあげるたびに「ごめんね」といいつつ、罪悪感でいっぱいになってつらくなったり。

時には、味方であるはずの弁護士さんの進め方に疑問をもったりしたこともありました。

今思えばかなり不安定になっていたんだと思います。

本当にいろいろありました。

そのたびに、カウンセリングで救われました。

調停での弁護士さんの言ったことを解説してくれたのも田中さんでしたね。

本当に助けられました。

離婚後も、助けてほしくなったらお願いするかもしれません。

まだまだ不安定ですが、見捨てずにお付き合いください。

離婚後もいつでもカウンセリングにいらしてください。

DVを受けた方は回復するのに数年かかることは珍しいことではありません。

不安定になってもそれが当たり前なので気にせずまたカウンセリングにいらしてください。

まだ小さなお子様を抱えて大変だと思いますが、暴力からはなれられてよかったですね。

あなたも同じように暴力を受けているのに離れられないなら、どうぞいらしてくださいね、力になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワインで乾杯!1年かかりましたが、夫と浮気相手から慰謝料もらって離婚成立!

● ワインで乾杯!1年かかりましたが、夫と浮気相手から慰謝料もらって離婚成立! こんにちは。田中です。 1年近くかかって無事解決した相談者様からうれしいメールをいただきました。 田中さま先ほどはお礼に伺ったのにワインをい […]

続きを読む

Pages: 1 2 ... 4 5 6 7 8 9 10 11