生活費をもらいながら別居できる、5日間無料メールセミナーの募集を開始します

●生活費をもらいながら別居できる、5日間無料メールセミナーの募集を開始します

こんにちは、離婚カウンセラーの田中洋子です。

さて、私が日々カウンセリングをしていて思うのですが、「離婚したいけど、本当に離婚するのには不安がある」と
いう方ってとても多いのです。

生活費を稼ぎながら子育てするのに自信がない。

いくらあれば、生活していけるのか、イメージがわかないという方もいらっしゃることでしょう。

よっぽど、生活力があるかたでなければ、夫に不満があるからって、すぐに離婚とはなりません

あなたも「自分にも悪いところがあるのかな、いや、やっぱり夫に我慢できない。」
などと、いろいろ思い悩んでいるのではないでしょうか。

頭の中で、夫のこと、自分のことをあーでもない、こーでもない、
あちらが悪い、こちらが悪いと毎日の悩みの種になっていませんか?

実は、そんな方には、別居がお勧めなんですね。

別居することで、冷静になれて、夫婦の危機を脱することができた人もいますし、
離婚にスムーズに向かえたという方もいらっしゃいます。

お互い冷静になるって大事なのでしょうね。

でも、夫の生活と自分たちの生活を2つに分けてしまうと、お金もかかりますよね。

実は、ある方法を実践することで、夫に生活費をもらいながら別居生活が送れます。

夫が働いているという条件を満たしているのであれば、
この方法を実践することで、すべての人が別居生活を送ることに成功しています。

ご存じでしたか?これなら、すぐにでも、別居したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、ただ、黙っていても、もらえません。

払ってと言っても、あなたの夫が、すぐに払ってくれるとも限りません。

それなりの額をもらうには、ちゃんとコツがあるんです。

コツさえつかめば、とっても簡単なんです。

今回、その方法をご紹介します。

さて、今回、4月7日(金)より、【夫から生活費をもらいながら別居できる方法】を5日間、無料メールセミナーをお届けします。

別居に必要な準備から、離れて冷静になってからどんな行動をすればいいか、夫から毎月生活費をもらう方法など
知っておくと、とっても便利な内容が満載です。

ただし、このメールセミナーを受講していただくには、条件があります。

条件と言っても、簡単です、こちらからのメールにお返事をいただくことです。

毎回、簡単にお答えいただける質問がありますので、そのまま返信してお答えください。
以前、相談を受けていた方で、

別居をしたいけど、専業主婦で自由になるまとまったお金がなく

仮面夫婦を、ひたすら続けていた方がいらっしゃいました。

私が、今回の方法をお伝えし、アドバイスすることで、

別居することができて、お互い冷静に話し合うこともできるようになり

離婚したいという意思を固められました。

今では離婚され、穏やかな毎日を楽しまれています。

そのときに、使った方法とアドバイスをお教えします。

お申し込み

PCの方はこちらからどうぞ

スマホからのかたはこちらからどうぞ

【詳細】

● 生活費をもらいながら別居できる、5日間無料メールセミナー

● 日程 4月7日(金)~13日(木)まで

● 募集人数 30名

● 参加条件 私からのメールに返信していただけること

● 募集期間 4月6日(木)まで

※メールセミナーとは、生活費をもらいながら別居できる方法を
私とメールのやりとりをしながら、学んでいただくものです。
第1回目は4月7日(金)午前9時にお送りします。

お申し込み

PCの方はこちらからどうぞ

スマホからのかたはこちらからどうぞ
あなたの夫婦関係を変える第一歩を応援します。
田中洋子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

協力することで、離婚できることもあります

● 協力することで、離婚できることもあります

こんにちは、田中洋子です。

札幌の雪解けも進んで、春らしくなってきました。

といっても、風はまだ冷たいです。

忙しい方の多い時期ですし、体調を崩さないようにお気を付けくださいね。

さて、最近、カウンセリングでは、男性のお客様が続きました。

女性のためのと、書いていますが、男性のご相談も受けています。

男性は、お金を払う立場になることが多いのです。

奥様が専業主婦の場合は特にそうですね。

別れることを決意し、奥様をとにかく説得しようとしても、離婚したくないと言われることって多いですね。

中には、慰謝料を払っても、やっぱり嫌だと言われた方もいらっしゃいました。

払った側はこんなに払ったのにって思うのでしょうが、専業主婦の場合、生活費ということを考えると躊躇するのは当然です。

何年も働いたことがない場合、生活できるだけの収入を得られるか不安になるでしょう。

お子様がいらっしゃったら、母子家庭としてやっていけるか自信のないかたも多いと思います。

そんな不安をわかってあげてください。

特に専業主婦だった場合は、その後の仕事をすることまでサポートしてあげるくらいの気持ちが必要です。

パートでもいいから、まず働きに出てもらう。

やりたいことがあるのであれば、それが仕事としてやっていけるか相談に乗る。

資格を取ることが必要であれば、学校にいくなり、資格を取るなりする時間とお金を提供する。

もちろん、養育費もきちんと決めて、払い続けることを約束し、書類にすることです。

慰謝料を払う必要のない場合も、今後の生活費の一部にしてとある程度のお金を払うことで、離婚できた方もいらっしゃいます。

お金のことは、もらう方は、話しにくいことが多いです。

でも、お金のことがネックになって離婚できない方が多いのも現実です。

お子様がいて、それでも、奥様と離婚したいのであれば、離婚後の生活のことを考えてあげるのは必要です。

離婚理由にかかわらず、お金のことがネックになっているのであれば、協力してあげることも離婚への近道ですよ。

3月後半のカウンセリング可能日はこちらです。

17日、20日、25日、28日

ご希望のお日にちとお時間をお知らせくださいね。

北海道NO.1カウンセラーだからできる 女性に絶対に損をさせない離婚
札幌の離婚カウンセラー 田中洋子
メルマガ「離婚して幸せになるためのヒント」
カウンセリング
離婚オリエンテーション(おためしカウンセリング)
お客様の声
予約フォーム
・予約電話:070-6603-2635
・カウンセリング場所は札幌駅徒歩圏内です。ご予約時に詳しくお知らせします。

お電話はカウンセリング中などは留守番電話になっています。お名前を入れていただければこちらから折り返しします。

北海道全域、札幌、小樽、江別、恵庭、北広島、苫小牧、旭川、釧路、函館などからお越しいただいております。 電話・スカイプ相談は全国対応です。
神奈川、福岡、東京、栃木、岡山、兵庫などからご利用いただいております。
DV、浮気、別居、離婚したい方、離婚したくない方など、離婚にまつわる問題を抱えている方のカウンセリング。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚後も旧姓に戻すチャンスはあります

● 離婚後も旧姓に戻すチャンスはあります

こんにちは、田中洋子です。

離婚時に、お子様が中学生だったりして、姓が変わるのを嫌がることがあります。

そういった理由で旧姓に戻さずに離婚することがあります。

でも、お子様が学校を卒業することで、旧姓に戻したいという場合、戻すことが可能だったりします。

ただし、元夫が嫌いだからとか、そういった理由では無理なようですので、ご注意くださいね。

家庭裁判所で手続きできますので、この春、お子様が学校を卒業された方は、申請してみてはいかがでしょうか。

離婚はゴールではありません、離婚後の生活にゴールを置いて、将来を考えましょうね。

3月のカウンセリング予定日はこちらです。

3月10日(金)10時、13時、16時、

17日(金)10時、13時、16時

20日(月)10時、13時、16時

25日(土)10時、12時、19時

28日(火)10時、19時

あなたの今後の生活を応援します。

北海道NO.1カウンセラーだからできる 女性に絶対に損をさせない離婚
札幌の離婚カウンセラー 田中洋子
メルマガ「離婚して幸せになるためのヒント」
カウンセリング
離婚オリエンテーション(おためしカウンセリング)
お客様の声
予約フォーム
・予約電話:070-6603-2635
・カウンセリング場所は札幌駅徒歩圏内です。ご予約時に詳しくお知らせします。

お電話はカウンセリング中などは留守番電話になっています。お名前を入れていただければこちらから折り返しします。

北海道全域、札幌、小樽、江別、恵庭、北広島、苫小牧、旭川、釧路、函館などからお越しいただいております。 電話・スカイプ相談は全国対応です。
神奈川、福岡、東京、栃木、岡山、兵庫などからご利用いただいております。
DV、浮気、別居、離婚したい方、離婚したくない方など、離婚にまつわる問題を抱えている方のカウンセリング。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月は離婚の季節です

● 3月は離婚の季節です こんにちは、田中洋子です。 今日は桃の節句ですね、ちらし寿司でも作ろうかな。 早いもので、札幌も雪解けが進んで、道路の雪もどんどん減っています。 息子の卒業式もあり、気持ちもすっかり春です。 さ […]

続きを読む

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9